K FAN CLAN

こんにちは、GoRAピンクです。

今日は、2月から本格始動しております「K FAN CLAN」について改めてご紹介したいと思います!

「K FAN CLAN」はアニメ「K」シリーズの公式ファンクラブです。
入会してクランズマンになっていただくと、FAN CLANサイトで限定の鈴木信吾監督描き下ろしイラストやGoRA書き下ろし小説などなど、様々なコンテンツを楽しめたり、情報をいち早くお届けできたりします!
入会はこちらから! http://kfanclan.com/

2017 3 26加茂

こちらがFAN CLANサイトのトップ画面。
毎日日替わりでKのキャラクターがトコトコとやって来て一言しゃべっていきます。
おしゃべりするキャラクターはメインキャラのみならず、秋山や赤城たちサブクランズマンや、三科たち学園島のキャラクターなど、たくさんの子がいます。
上記の画像は3月26日のものですね。加茂の誕生日でした。別れた妻との間の幼い娘からお祝いメールをもらえたようです。おめでとう!

毎日、今日は誰が何をおしゃべりしているのかな?とのぞいてみてください!

御柱タワー

こちらは、メインコンテンツの一つ、GoRA書き下ろし短編小説と鈴木信吾監督描き下ろしイラストが見られるコーナーです。「御柱タワー」の中にあります。

GoRA書き下ろし小説は題して「Four seasons of K ~もしかしたらあったかもしれない季節の短編小説~」
毎月、その季節の出来事をテーマにした短編小説が更新されます。
現在アップされている小説は2本で、2月に更新された節分の日のシロクロネコのお話「豆と祈り」と、3月に更新されたホワイトデーの《セプター4》のお話「スウィート×スウィート・ホワイトデー」です。
一言様との節分の思い出を胸にシロとネコを豆まきに誘うクロ。
ホワイトデーの日、淡島にバレンタインあんこのお返しを目論む日高の奮闘記!

こちらは、毎月11日に更新される予定です。
4月更新の小説もお楽しみに! 4月といえば……?

また、鈴木信吾監督描き下ろしの美麗イラストも現在2枚アップされています。
妖艶ささえ感じる比水のイラストと、しっとりと格好いい周防のイラスト!
次はどんなイラストか、わくわくしてお待ち下さいませ!
こちらは毎月6日ごろに更新される予定です。

キャラクター紹介シロ

こちらは、「《セプター4》屯所」の中にあるキャラクター資料。
画像で見えている部分ですと一般公開の公式サイトに掲載されているプロフィールと変わらないように見えますが、この下にずずいっとスクロールが長々続き、かなりの分量の情報が載っております。
本来は内部資料であったキャラ情報を蔵出しした形となります!
【立場、目的】【性格、行動原理】【運命、着地点】【能力、戦法】【強さ】【好きなもの】【嫌いなもの】【趣味】【ファッション】【身体】【知能】【思想信条】【生い立ち】【他人への態度や考え方】などの項目があります!

3人ずつくらい順次公開されていく予定で、現在は「伊佐那社」「周防尊」「宗像礼司」「比水流」「磐舟天鶏」「三輪一言」の王様陣のプロフィールが公開されています。
こちらは毎月16日ごろに更新予定です。

バーHOMRA

こちらは「バーHOMRA」の中です。
アンケートやキャラクターへの質問・お悩み相談コーナーなどありますので、ぜひぜひご参加下さい!

クランズマンの皆さんへのアンケート「クランズマンリサーチ」の結果発表は毎月21日頃、キャラクターのお悩み相談コーナーである「クランズマン⇄WHO」の回答更新は毎月16日頃を予定しています。

「K FAN CLAN」はクランズマンの皆さんのご意見を参考にしながら試行錯誤中ですので、また少しずつ変わってくるかもしれません。
これからも一緒にFAN CLANを作っていっていただけましたら嬉しいです!

Kの世界をたっぷり楽しめる作りとなっていますので、興味を持たれた方はぜひ足を踏み入れてみてください!

「誓約のフロントライン」3巻発売です!

どうも! オレンジです!
本日は告知をしに参りました。
本日2月17日は、不肖わたくしが原作を務めさせていただいております、
「誓約のフロントライン」3巻の発売日であります。

c4yzsvtvmaaevcr

表紙!
「誓約のフロントライン」は、全次元の全人類の抹殺を目論む機械集団「ゼロアース」に対して、そんなゼロアースの尖兵〈アナイアレイター〉の操作権を手にしてしまった少年〈綾辻塞〉が、絶望的な戦いに立ち向かう、ロボットバトル少年漫画であります。

01

今回の巻では、前回現れた謎の部隊「304戦線」の人々にクローズアップされています。

03

塞と同じくゼロアースに立ち向かう人々の、なんてことのない日常風景や──

02

ちょっと抜けたところのあるシーンなども楽しんでいただけるかと思います!

04

また、彼らがいかにして「304戦線」に加わることになったのか、

05

彼らのいた世界がどのように滅んでしまったのか、などが描かれます!

07
またまた、半壊した敵マローダー「ハンツマン」と──

06
彼のもとに現れた、謎の美少女の正体は!?
などなど、いろいろなトピックスが目白押しの巻となっております!
今まで読んでいただいている方はもちろん、手に取ったことのない方にもぜひ楽しんでいただきたいです!

それではオレンジでした!
失礼いたします!

池袋イベントレポート

どうもこんにちは、GoRAブルーでございます。

去る1月22日(日)にアニメイト池袋本店9Fイベントフロアにて、
アニメ「K」関連イベント
「抜刀キズナ集会 vol.6」及び
「GoRAが語る「K」の会 vol.6」
が開催されました。

両方とも6回目なので、みなさんご存じかと思いますが、
「抜刀キズナ集会」はポスターのお渡し会、
「GoRAが語る「K」の会」はトークイベント、
という構成になっています。

出演者は、
キングレコードの中西豪プロデューサー
GoRAから宮沢龍生(GoRAレッド)あざの耕平(GoRAグリーン)壁井ユカコ(GoRAイエロー)
そして、キャライヴの伊佐那社さんです。

また、私ことGoRAブルー(古橋秀之)オレンジ(鈴木鈴)も、当日会場に見学に行っていたので、写真を交えてレポートさせていただきます。
さて――

2017-01-22-17-06-22会場のアニメイト池袋本店様。
写真を撮り忘れてたので、これは閉会後の写真。

2017-01-22-11-09-03開場前の打ち合わせ。緊張感!

2017-01-22-13-18-10-1始まりましたキズナ集会。挙手挙手~!

2017-01-22-13-26-19お渡し会開始。
「ほう……このチームは伸びるぞ」といった体で壇上を見守るオレンジさん

またこの際、直接お声を掛けていただくことが多く(ありがとうございます)、その際に作品の内容等について質問をいただくことがあるのですが、なにしろ短い時間のことですので、的確な答えがパッと出てこない場合もあります(すみません)。
前回にもありましたが「上手く答えられなかったかも」という点の補足など。

・草薙に兄弟はいるの?
話の流れで別のキャラと間違えて「いない」と答えてしまったが、
確認したところ「兄と姉がいる」が正解。(グリーン)

・宗像が伏見救出に3000万を出したということ(平坂への報酬額)を伏見は知ってるの?
おそらく金額については知らない。お互い不必要なことを言ったり聞いたりはしない。(オレンジ)
もし知ったとしたら、伏見は「バカじゃないですか」とか言いそうですね。(イエロー)

・《jungle》に潜入した時の伏見のハンドルって、中学で使っていたものとは別なんですか?
《吠舞羅》時代に、比水に『きみのアカウントは残しておきます。気が向いたらアクセスしてきてください』と言われているので、潜入時にはそのアカウントを再利用しているのではないでしょうか。(イエロー)
狭義の〝ハンドルネーム〟としては、おそらくこだわりが全然ない(むしろ特定されるのを嫌う)でしょうから、〝f〟とか〝fsm〟とか適当につけて、問題なければそのまま放置、なにか必要があればあっさりつけ変える、みたいな感じかと……。(ブルー)

2017-01-22-14-22_2シロさんもご挨拶。

2017-01-22-14-52-01-1お渡し会は流れで退出していただく段取りなので、最後のほうはちょっと寂しい感じ。

2017-01-22-15-39-28仕切り直して第2部・「K」の会開始。

挨拶のあとは「2016年のKを振り返る」
背景に写っているのは中西Pのスケジュールからの抜粋。
「めちゃめちゃ打ち合わせしてますね」「打ち合わせのあとは必ず飲んでますね」
「このほかにGoRA内部の打ち合わせもありますからね」「そのあとも飲んでますね」

2017-01-22-16-18-23「続・2017年Kはこうなる! 大胆予想(@短歌)」
なんで「続」かというと、前回の大阪の会でもやったからですな。
前回は「俳句(五七五)」でしたが、今回は「短歌(五七五七七)」で。
以下、私(ブルー)が独断で選んだものを一点ずつ。

「きっとある きっとあるはず 夢じゃない  Kの次作は すぐにあるはず(豪)」
まずは中西P。企画をぐいぐい進めてくださる意気込みですね。よろしくお願いします!

「アイドルを やりつづけると みえてくる うごいておどって こえもえもつく(龍生)」
レッドさん。なにげにアイドルKやキャライヴの方向を伸ばしていきたい意向。もともとアイドル業界とかお好きですしね。

「七王が つむいだキヅナ 物語  まだまだ行くよ 二〇一七(耕平)」
グリーンさん。これは素直に上手いなあ。スマート!

「LSW 「男水」枠で実写ドラマ化 どうでしょう?(ユカコ)」
イエローさん。「短歌むずかしい~」と、早々に五七五を放棄。自由律です。種田山頭火です。そして内容は、これはただの願望ですね!
しかし、この業界「やりたいやりたい」言ってると本当に実現してしまうこともあるので、新年の抱負としてはたいへん正しいかと!

番外
「ノベライズ コミカライズに キャライブも  そろそろ来い来い グラウンドゼロ(耕平)」
再びグリーンさん。ノベライズ『グラウンド・ゼロ』(ブルー担当)に関しては、グリーンさんオレンジさんがガンガンハードルを上げてくださるので……ハイ、がんばります!

2017-01-22-16-42-33「キャライヴ(伊佐那社)」
シロが歌って踊ります。いわゆる2.5次元!

2017-01-22-16-44-14告知関連。
関連URLもついでに貼っておきますね。

「AbemaTVでの一挙配信」
https://abema.tv/channels/anime24/slots/8TgSv4LWUVSb59

「K FAN CLAN(ファンクラブ)のお知らせ」
http://kfanclan.com/

「キャライヴのお知らせ」
http://k-chara-live.com/

などなど。

2017-01-22-16-54-48おつかれさまでした!

2017-01-24-13-19-12みなさんから、お土産にいただいたお酒類。事務所に置いてゆっくり飲ませていただきます。
オレンジさんが「俺がこのあいだ『酒をよく飲みます』といったせいで、催促したみたいになってしまった……」と恐縮していました(笑)。
最後になりますが、登壇したメンバーからのご挨拶です!

宮沢龍生(GoRAレッド)
先日の絆集会にお越しくださった皆様、お疲れ様でした。また開催いたしますので、楽しんで頂けた方も、今回はいらっしゃれなかった方もぜひ参加お待ちしております!

あざの耕平(GoRAグリーン)
ご来場下さった皆様、ありがとうございました! 皆さんの熱意が伝わってきて、ああ、『K』はこういうファンの方々と一緒に歩んできたんだなー、と改めて実感しました。『K』は様々な展開をしていますが、各種イベントもそのひとつ。これからも色んな形で『K』ワールドを堪能しつつ、新作をお待ち下さいませ!

壁井ユカコ(GoRAイエロー)
長時間お待たせしてしまった方もいらしたかと思いますが、皆さま終始あたたかな空気で楽しんでくださりありがとうございました。まだ集会参加したことないよーという方、このブログで様子が掴めたのではないでしょうか! 機会がありましたらぜひお越しください!

 
それでは、どうもありがとうございました!
また次の機会にも、どうぞよろしくお願いいたします!

大阪に行ってきました

どうもお久しぶりです。オレンジです。
ブログ更新遅れて申し訳ありません!
いえ、これにはきちんとした理由があるのです。そう、先日行われたイベント……
抜刀キズナ集会Vol5 大阪アゲイン!
のご報告を行うために、この日まで延ばしたという理由が!

というわけで朝七時の新幹線に飛び乗り、大阪まで一直線。
新幹線っていいなあ、駅弁おいしいし――などと旅情を楽しんでいたら、

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001

寒波による大雪が襲来していました。
東京・大阪はそうでもなかったのですが(寒かったけど)、滋賀あたりは雪に埋め尽くされていました。在住の方のご苦労、お察しします。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000-jpeg-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

十五分ほど遅れつつ、大阪に到着。
すごい! カニだ! テレビで見たことある! とお上りさん丸出しで感動する僕と宮沢さんに、白い目を向ける地元出身の同行者でありました。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_001-jpeg-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

たこ焼きも食べました。おいしかったよ!

そんなこんなで会場であるパセラリゾーツなんば道頓堀店にやって参りました。中西Pや林Pとの打ち合わせもそこそこに、お渡し会の開始となりました。

2

「ありがとうございます!」「あけましておめでとうございます!」と連呼しつつポスターをお渡ししていきます。一生分の「あけましておめでとう」を言った気がする。
ポスターをお渡ししながらも、ファンの方々から温かい応援や期待の声をたくさん聞かせていただきました。どうもありがとうございます。こちらこそ、皆様がいるおかげでなんとか生きていくことができます。

皆様からはいくつかご質問を受けたのですが、やはり多かったのは「新作はいつ頃発表なのですか?」「新作はどんな内容なのですか?」というものでした。
やっぱりみんな新作気になるよなあ、ということは理解しているのですが、まだお答えするわけにもいかず……!
脚本自体はすでに完成しているので、もうしばらくお待ちいただければ! と思います。

その代わりと言ってはなんですが、そのときにお答えできなかった別の質問を、ここでお答えしようと思います。

1.淡島に兄弟はいるのか? いるとしたらどのような構成か?

その場では「いないと思います」と答えたのですが、すいません、誤りでした。
実際は「兄が二人いる末っ子」という構成となっておりました。
兄の子供である甥や姪からは「世理ちゃん」と呼ばれているそうな。かわいいですね。

2.草薙の好きな酒はなにか?

種別のことだと思いますが、こちらは「たいていの酒は好き」「特にスコッチにうるさい」。通っぽい酒が好きそうだけど、バーに来る人間の中でわかる人は滅多にいない、とのことです。草薙らしいですね。

3.宗像がタバコを吸い始めたのはいつ頃か?

「留学中に吸う機会があった」とのことです。普段から吸っているわけではないにしろ、まったくの無経験でもない……という感じでしょうか。

8

しばしの休憩のあと、「GoRAが語るKの会」に突入いたしました。
まずは「2016年のKを振り返る」と題した、去年にあったよしなしごとを語るターン。主に事務所でのGoRA打ち合わせについてですが、春頃に出雲で行ったGoRA合宿の話題も出ました。
中西PやGoRAのメンバーで向かった出雲の宿にて、K7Sの骨子を決めたり、そこからみんなで脚本を書いたり……などの思い出話をつらつらと。こうして考えると、結構短い期間で脚本完成までこぎつけたのですなあ。まあ我々は七人いるので、その分だけ手が早いのが自慢ですね。

その次は「2017年のKを大胆予想」のコーナー。中西Pと宮沢さんと僕で、今後の展開を予想するというものでした。
ただしこちらは林Pから「五七五形式で!」との要望がございましたので、それに添った形での発表となりました。全部発表すると結構な数になるため、一部だけをご紹介させていただきます。

まずは宮沢さんから。

『面白く より面白く 面白く』

GoRAの理念ですね。誰が見ても面白いものを作っていきたい、と常々言っております。K7Sも皆様のご期待に添える出来になるよう、精一杯力をこめて作りましたので、なにとぞよろしくお願いします!

次の僕の俳句。

『グラウンド ゼロはいつ頃 出るのかな?』

 主に古橋さんへのメッセージですよ!
GoRA内でも僕とかあざのさんがこのトピックときどき槍玉に挙げていて、いや単純に古橋さんの作品が読みたいからなのですがそれはそれとして書いてください。お願いします。
ちなみに発表したとき盛大な拍手が上がったことを申し添えておきます。

そして中西さん。

『アンナちゃん 今年は一緒に 遊ぼうね』

誰目線なんですか!
一応「中の人のことではない」とのお言葉はいただきましたが、それはそれとしてどういう意味なのだろう。ときどき中西さんは謎のことを言いますね。さすが名プロデューサー。

――というような感じで、予想と言うよりは願望や抱負が多かったような。
しかしこれらが実現するよう、全力でがんばって参りたいと思います!

9

締めくくりは、シロによるキャライブ。
袖から見ていたのですが、なかなか近場で見ると迫力がありますな!
二月にもキャライブ公演が決定しましたので、ぜひご覧になっていただければと思います!

というような諸々をもちまして、閉演の運びとなりました。
最後に、来月にオープンが迫ったK Fun Clan(KFC)のサイト説明や、最後の加入呼びかけなどを行いました。中西P曰く「目指せ一億人!」だそうです。あと少しですね! ラストスパートを達成するためにも、加入のほどよろしくお願いします!以下のページからまだまだ入会受付中です!

http://kfanclan.com/

というわけで、ご報告は以上となります。
次回の抜刀キズナ集会は意外と近くて1/22となります。あざのさんや壁井さんなどのレアキャラが目白押し! ぜひともいらしてくださいませ!
それでは、オレンジでした!

おまけ1

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_000

キズナ集会にて、ファンの方から「差し入れはどのようなものがいいですか?」と尋ねられ、中西Pと晴れやかに「日本酒です!」と答えたら、早速差し入れていただきました。僕が受け取ったわけではないので確言はできませんが、たぶん同じ人だと思う……。
めっちゃくちゃ良いお酒です。中西Pと一緒に大切に飲ませていただきます。本当にありがとうございました!
でもお気遣いなくお願いします!

おまけ2

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab_002

打ち上げにて、誤って焼けた鉄板に手をついて火傷を負う宮沢さん(写真自体はその後の打ち合わせのものです)。
ずっと氷嚢を握りしめて痛そうにしておりました。最後の最後でやらかすなあ。お大事に。

クリスマスイブ

メリークリスマスイブ! 今、事務所で請求書などの作成作業をしています。アシスタントがいない現在これも私の仕事です。
GoRAのレッドです。

dsc_0165

……消費税の計算が何度やっても分からないけど大丈夫。判子を押すの苦手だけど大丈夫。宛名書きも字が下手だから気が滅入るけど、大丈夫。

サンタクロースさん、今年のプレゼントは有能な三代目アシスタントが良いです。私は告知やまとめって苦手(しくしく)

なにしろ今、さっきもアシスタントを足スタンドって書いていて、危うく乗っけるところでした。なんだ、足スタンドって。
新手のジョジョキャラか?

ところで今回のブログの告知は我々、GoRAのことではありません。我々と「K」を制作している相棒、ゴーハンズさんの新作です。

HS_B1_poster_ol

はい。まず下記のサイトに飛んでみてください。

http://project-hs.net/

すげえ、格好いい雰囲気。
魅力的なキャラクターたち、でしょ?
監督は「K」の鈴木信吾監督です。「K」で絵コンテなどを切ってくださった金澤監督もいらっしゃいますね。

今回は我々GoRAは残念ながら関わっておりませんが、GoRAは全面的に「ハンドシェイカー」を応援しております!

ところで「K」の方も順調に制作しておりますよ。この間はゴーハンズさんたちと忘年会行って参りました。
ぜひぜひ、「ハンドシェイカー」も「K」もよろしくお願いします!
レッド

もろもろ告知でございます

11/11ブログ

 おつかれさまです。オレンジです!

 最近めっきり寒くなってきましたね……。GoRA内でも体調を崩す人たちが頻発しております。みなさまもお風邪など引かれませんよう、お大事になさってください。

 さて、本日はいろいろと告知に参りました!

 まずはなんと言っても、『K』公式サイトにてK After Storiesが更新されております!

007

 

 今回のイラストは、《セプター4》集合写真。王でなくなった宗像と、彼が率いる《セプター4》が、その後の世界でどのような位置づけにシフトしていくのか――というところが語られています。ぜひご覧になってください。

同時に、K FAN CLANの入会申し込みも始まっておりますので、こちらもよろしければ!

 また、前回のブログでも告知いたしましたが、拙著『K SIDE:GREEN』が現在発売中となっております。

 

ダウンロード.jpg

 それに関連いたしまして、『spoon.2Di』様のインタビューを受けさせていただきました!

18_h1

 spoon様にはいつもお世話になっております。GoRAでインタビューを受けたことは何度もあるのですが、単独では初めてなのでなかなか緊張しました。

 作中のシーンやキャラクターをどのような意図で表現しようとしたのか、そういうところをお伝えできればと思って話しましたので、よろしければこちらも是非ご一読ください!

 そして、GoRA制作の書籍である『K -ALL CHARACTERS-』『アイドルK』がAmazonさんにて販売中です。

 

 パシフィコ横浜のイベントにて手売りした記憶が鮮やかに蘇りますね。搬入と列整理やってたけど不慣れでみなさんに迷惑をかけた覚えが……。

 今もまた在庫切れになっているようです。申し訳なし。なにしろ在庫発注が手作業ですので、どうしても遅れてしまいがちになります。気長に待っていただければ。

 電子書籍にならないんですか? という質問もたまにいただきますが、今のところ技術が追いついておらず未定でございます。いつかできたらいいですけどねー。

あと、こちらはKとは関係ないのですが、自分が原作を務めております『誓約のフロントライン』が発売中であります。

cov_seiyaku_fix_no

 メイン作業は自分ですが、こちらもGoRAの全員で作り上げている作品です。少年マガジンエッジ様にて連載中ですので、よろしければお手にとってご覧になってください。

 

 最後に、本日11/11は《緑の王》比水流の誕生日でもあります。

 ハッピーバースデー、流!

 スクナが《jungle》に加入したのが作中の2011年10月なので、都合3回は《jungle》ハピバ会をやっていた可能性がありますね。個人主義のクランなのに幹部連中は下手したら《吠舞羅》より仲良いんじゃないの? という雰囲気が拭いきれません。

 最初は「ええ……」という感じだったスクナが2回目3回目にはノリノリになっていく過程など、なにかの機会があったら書いてみたいですねー。

 というわけで、以上が本日の更新となります。

 オレンジでした。それでは!

GoRAの新しい仲間!

ハイどうも、お久しぶりのGoRAブルーでございます。
今月のGoRAには、あんまり表立った動きがなかったかと思いますが、水面下では、K関連の企画もそれ以外のものも、いろいろと準備しています。
「Kの新作」こと『K Seven Stories』の製作も、着実に進行中です。

来月頭(というか数日後)の11月2日には、GoRAオレンジこと鈴木鈴さんの『K SIDE:GREEN』が、講談社BOX様より発売となります。

sidegreen
通常版。

sidegreen02
アニメイト限定版もよろしく!

《jungle》のjランカー、五条スクナを主人公とする、オリジナルストーリー。
「ゲーマー」「悪ガキ」「一般人からの成り上がり」という、ある意味もっとも典型的な《jungle》のクランズマンともいえるスクナの行動を通して描かれる謎の組織《jungle》と《緑の王》比水流、スクナ自身の心の軌跡、そして、おのれの全存在を賭けた“ゲーム”バトル! 燃えます!
“ある人物”のセミヌードもあるよ!

講談社さんの特設ページも、リンク張っておきますね。
http://kodansha-box.jp/topics/k/index.html

その他には、
「月刊Gファンタジー」誌で連載中のコミカライズ「K RETURN OF KINGS」。最終決戦まで来ています。完走までもうちょっとです。
「少年マガジンエッジ」誌の「誓約のフロントライン」連載は、今月(10月発売号)お休みさせていただいていますが、まだまだ続きます。
――と、ひと通りの宣伝が済んだところで、今日はGoRA内部の日常?の小ネタ。

GoRA事務所に新戦力が参入しました!

gora_pc
コイツ。

GoRAでは基本的に、各々の自分のノートパソコンを持って事務所に集まり、クラウドに上げてある資料を見ながら会議を進めているのですが、たまに印刷用の書類を作ったり、画像を加工したりする必要も生じます。その際、モバイル用のノーパソでは作業がしにくいので、ちょっと大きめ(15インチ)の奴を事務所に置いて、いろいろできるようにしよう、と。
まあそれだけなんですけど、新しい機械をいじるのは楽しいです。

そして新戦力、その2!

gora_cat01
この方。

もともとレッド宮沢さんが買ってきたビーズクッションなんですが、これが好評だったので2個、3個と追加購入され、やがてこのようなことに。

gora_cat05
gora_cat06

ふわふわモチモチとして、たいへん心地よいです。癒される。
会議中ひたすらなでまわしている人もいます(私です)。
ネコ型ってところがまたいいんですよね。無地のクッション愛でてたらヘンだもんな。

そして最近の発見なんだけど、このネコを膝に乗せ、そのまた上にノーパソを置くと、なかなか具合がいいのです。

……といったところで、今回はここまで。
今後もよろしくお願いいたします。

アイドルK

どうも、GoRAレッドです。大好きな夏が終わりそうで、悲しみに浸っており
ます。なにか夏らしいことをした訳じゃないんだけど、名残惜しい。
今から来年の夏が楽しみです。

k01

ところで、いよいよ一周年を迎えたマガジンエッジ10月号にて『アイドル
K』の漫画を掲載して頂きました。脚本は私、GoRAレッドこと宮沢龍生。作画
は『新約Marchen』を同紙にて絶賛、連載されている鳥飼やすゆき先生に担当
して頂いてます。いや、ちょっとお願いするレベルじゃない方にこんなにあっ
さりと承諾頂くとは思っていなかったので、大変、恐縮しています。鳥飼先
生、ありがとうございます!

 

k02ところでこのブログを読んでくださる方々の大半はご存じだと思いますが、
『アイドルK』は元々、『K』の人気投票企画からスタートしました。『K』
のプロデューサー、中西Pが「キャラクターの人気投票でなにか面白い趣旨は
ないですかね?」と仰ったので、「アイドルの総選挙風なんでどうでしょう
か?」と提案したら通ってしまった感じです。そこに監督自らキャラクターの
アイドル風イラストを描き下ろしてくださり、テレビシリーズ第二期放映中、
順次、公式ホームページに掲載される形となりました。

正直なところ割とシリアスな展開の後にかなり陽気なアイドルイラストが掲
載されるのは少しシュールな構図だったと思いますが、同時にそれもまた
『K』らしかったのではないかと思ってます。『K』ファンの皆様、薄々お気
づきかと思いますが、『K』の現場はかなりフランクで、融通が利きます。

そして元々、この人気投票企画で終わるはずだった『アイドルK』ですが、
妙に愛着が生じて(主に私、レッドが)、スピンアウトの設定&小説が生まれ
ました。それが現在、アニメイトなどで発売されている『ザ・アイドルK』で
す。本当ならあくまで私、レッドの個人的趣味みたいな作品だったのです。と
ころが、不思議なご縁でこれが今夏、舞台化された『lost small world』にく
っついておまけで一緒に舞台化されちゃいました。最初聞いた時は「マジ
か?」と思いました。
すごいクオリティでした。

これだけではありません。アニメイトの池袋店で『キャライブ』というイベ
ントも開かれました。簡単に言うとダンサーさんが『アイドルK』のキャラに
扮して、歌って踊る2.5次元なイベントです。
この企画もおかげさまで大好評を頂き、再び開催されるようです。これで一
応の小説化、舞台化、ライブ、そして漫画化(本当に全部、たまたまなんです
が)を果たしました。
次になにが起こるのか?
実はまた驚くような展開が『アイドルK』には待っています。

そして告知。近いうちに『アイドルK』の小説第二弾が発売されます。今回
は四つの芸能事務所を舞台にした短編集です。
詳しい発売時期などはまた随時、告知していきますので今後とも『アイドル
K』の応援よろしくお願いします!
あ、もちろん、本編の『K』も。